« 文庫本発売のお知らせ | トップページ | アルパカ »

幸せについて

 幸せというものがあるのならば、こういうことではないかと思う動画をYoutubeで見つけた。

 これを撮影しているお父さんの立場が、この世で一番幸せだと思う。







 このお父さんの立場になりたい。このお父さん以上に幸せな人がいるとしたらそれはどういう人か想像がつかないほど、このお父さんが最上級に幸せだと思う。
 ほんとうにこの家族がうらやましい。幸せすぎてまぶしい。これこそが幸せというものの正体ではないか。
 しかし、このような幸せにはオレは縁が無いまま人生を終わる気がする。絶対そうだ。この動画は見るだけでこちらも幸せになれる気がする動画だが、ふと我に返るとこのお父さんと自分の立場を比べてしまって悲しくてどうしようもなる動画でもある。

 そんな時は……、寂しくなったら、さくら剛の旅行記を読んで気を紛らわそう。今自分が悲しいとしても、本の中のさくら剛の不遇と比べたらまだ自分の方がよっぽど幸せだと思える。旅先であそこまで悲惨な目にあっている人間がいると思えば、少しは楽になれる気がする。あいつよりはさすがにオレの方がマシだ。と思ったらさくら剛はオレだった(号泣)!!!!!
 
 

 上の「幸せ動画」の柴犬ハナさんですが、その後成長してこのようになっているようです。お父さんがちょっと女っぽいということも判明しました。
 

 

« 文庫本発売のお知らせ | トップページ | アルパカ »