« 幸せについて | トップページ | よいお年を…… »

アルパカ

 どうもたびたびすみません。今回のブログでも懲りずに宣伝工作を行うことを宣言します。
 最近は文庫本の方が売れる時代なのでしょう。この経済情勢の下では、仕方ないです。安価で手に入るということもあり、なんだか新刊の文庫が結構評判がいいようです。アフリカの本というのは売れないのが当たり前、出すこと自体が冒険だと言われるこの業界でなかなかがんばってくれているようです。水嶋ヒロの野郎……

 著者としてはあまり見たくない 憎たらしいこの表紙

 

 前編のアフリカ大陸侵入直後全財産盗難も、旅史上5本の指に入るピンチでしたが……、今回発売の文庫の中で描かれている北アフリカから中東の行程というのは、確実に今までの旅で最もきつかった部分です。
 このケニア国境からエチオピア、スーダン、エジプトを挟んでイスラエル……。かれこれ過去の旅行期間を合計すると1年半ほどになりますが、一番辛い期間はここでした。生まれ変わっても二度とぜったーーーーいに行きたくない。ケニアからエジプトに至る旅。10万円もらっても行きたくない。グルメカード5万円分もらっても決して行きたくない。松阪牛引換券600g分をもらったとしてもこれはまだ行けないね。金じゃないんだよねこういうことは。愛のためだから行けたんだよ。愛のために生きる男だからオレは。

 amazonの本の紹介文では、このようになっています。

「子どもの頃から、体を動かすこと、汗をかくこと、外で遊ぶことが大嫌い。放課後は真っ直ぐに家に帰り、部屋にこもりテレビゲームに向かう日々。いつしか友達は減り、大人になった今では「仲間」と呼べるのは戦士や僧侶、魔法使いだけ…となった引きこもりが、突然アフリカ大陸を縦断することに!!」

 このような紹介のされ方は、大人として情けないです。

 それでは、マチュピチュにいたアルパカの動画を紹介したいと思います! ちなみになんで彼らはいつも何かもごもごと食べているのかというと、食べているというよりは、一度食べたものを胃から口に戻してそこでまたポリポリと噛んでまた飲み込むということを繰り返しているのです。動画の最初の方でよく見てみると、首の中をぐぐっと食べ物が上がって来てそれをミラバケッソが嚙み始めるところがわかると思います。どうぞ。ひもじい人はマネしてみてください。

撮影・監督・編集・脚本:さくら剛

 

 

 

« 幸せについて | トップページ | よいお年を…… »