« 書店フェア | トップページ | 北川景子 ペロッと指舐め »

最近のこと

 たまにはとりとめもなく、短時間で近況などを書いてみます。
 帰国後の一大イベントは、新しいPCの購入だった。なぜなら、チリから帰って4ヶ月ぶりに家のPCを立ち上げたところ何度もブルーバックの画面になってしまい、もはや寿命を迎えつつあるのは明らかだったからだ。いつ落ちるかわからない状態では恐ろしくてなんの作業もできないではないか。
 しかし、某通販サイトで買って届いて嬉々としてケーブルを差し替えて埃にまみれながら旧PCと新PCを入れ替えてスイッチを入れ、windowsのパスワードの設定画面で文字を入力した瞬間画面が真っ暗になった。初めて電源を入れて2分後にいきなり強制再起動することになり、windowsの設定はなんとか終わるものの画面が頻繁にぶれて、そして、データを移したりソフトをインストールしている間にも何度も画面が真っ暗になり強制終了し再起動の繰り返しなんだ。
 通販サイトのサポートセンターに電話をしてやれケーブルを新しくしろだのOSを入れ直せだのコンセントのタコ足をやめろだの、全ておとなしく従ったさ。この新しいパソコンを使えるようになれば、それでいいんだ。もう配線は新しくしてしまったんだ。今さら旧PCに戻すなんて、そんなの面倒くさすぎるし面倒くさいし何もかもイヤだ。それに、データを移し替える作業もIE8やフォルダオプションやクイック起動の設定やソフトのインストールやデスクトップのカスタマイズもまる1日かけて終わらせつつあるんだ。サポートセンターの人の言うことはなんでも聞くから、どうかこのパソコンをこのまま使わせてほしい。
 と思っていたけど、2日かけて検証した結果最終的になにをやっても直らない。直らないものは直らない。オレが10万円近くも出して買ったパソコンは、使っていると画面がぶれるししばらくすると画面が真っ暗になる。そういうパソコンだ。強制終了が必要なパソコン。そんなパソコンを買いたくて、あの時オレはドスパラのサイトでCPUもHDDもメモリもわくわくしながらいろいろとカスタマイズの選択をしていたのだろうか。少し料金を上げてでも自分のスタイルに合う快適なPCが欲しいと、そう願ってカスタマイズをして注文し届いた物は1日のうちに何度も落ちるパソコンだったのだ。
 ということで初期不良として修理に出すことになった。ソフトは全てアンインストール。データも全て削除。人の元にPCを送るのに、まさかあんな無数のわいせつなデータを入れっぱなしにしておくわけにはいかない。またケーブルを全て抜いて、机の横からPCを引っ張り出して、一度解体した段ボールをまた組み立てて丁寧に本体を収納して、佐川急便に電話をかけて伝票を書いて送り出してそして1週間後にまた帰ってきてまた梱包を解いてケーブルをつけ直してデータやソフトを入れ直してカスタマイズもやり直し。マウスのドライバや2ch壺やホームページビルダーがwindows7に入っていかないもんだからエレコムに電話をかけたりレジストリの変更の仕方をサイトで検索したりなんやらで4,5日まるまる初期不良に無駄な時間を使わされた。結局、マザーボードを交換したということで今のところ調子はいい。交換が必要なんだったら、どうして出荷する前に交換しておいてくれなかったのだろう。
 ただ、帰国してからまだまだ全然、まったく食欲が衰えない。異常事態だ。何を食べても感動できるし必要以上に食べまくってしまう。その上、家に帰ったらスナックさくらでレモネードを飲みながらカラムーチョである。おかげで、近々やせ細った姿から通常モードに復帰できそうである。元々痩せた方だったがそこからさらに5kgも減ってしまったので、今のままでは冬が越せないくらい寒さに弱い体であるので、本格的な冬が来る前に、5kg分はなんとか取り戻したい。
 昨日はおもしろ三国志さんと一緒に、歴ドルこひなたちゃんにお招きいただいて「Tシャツ三国志」という舞台を見て来た。昨日の夜が千秋楽だったのだが、我々が見たのはその一つ前の昼の部だ。ところが! その後の千秋楽の公演を見た人がブログでこんなことを書いているじゃないか。
http://webyoku.blog68.fc2.com/blog-entry-490.html
 昼の部が終わった後に、会場からタッキーとマネージャーさんが出て来たと……。
 この人の夢を壊すのはかわいそうだけど、それはタッキーとマネージャーさんじゃなくて、オレとおもしろ三国志さんなんだよな……。まいったな。5kgも痩せたのにまだ間違えられるのかよ。どんだけ似てんだよって話だ。
 しかし、帰りにこっそり新宿近くの啓文堂さんのフェア状況を覗いてみたら、やはり他の売れ筋エントリー本が10面くらいで並べられているところでインド本は足下の見えない位置で見えない数が放置されているだけだったので、屈辱的だった。これではエントリーしているという状態にすらなっていないではないか。でも、いろいろな会社とお金が絡むことって難しいから。多分、いろいろあるんでしょう。そういうの無しで競争してるはずなんだけどな……。
 ご飯はおいしく食べているけど、どうもパソコンの件といい寒さの件といい、気分の盛り下がることがここのところは多い。昨日も舞台の後で豪華賞品をかけた三国志クイズがあったのだけど、クイズは全問正解で勝ち残ったのにその後のジャンケンで負けて恥ずかしかった。それなら最初からわざとクイズを間違えて座っていた方がマシだったよ。ほとんどが女性客の中でがんばってクイズに答えたのに。最後の最後にジャンケンで負けるなんて。たった16人中の6人がふるい落とされるだけの、あいこですら生き残れる高確率なジャンケンで。しかもジャンケンの相手は舞台上のこひなたちゃんだ。人を招いておいてジャンケンを負かせるとはなんて失礼な話だ。おもしろ三国志さんは見事に勝ち抜いて賞品をゲットしていたのに。
 リモコンは反応し辛くなっているし、新しいパソコンを買えば壊れているし、机の電球は切れるし本は端っこに追いやられているしジャンケンをすれば負ける。
 

« 書店フェア | トップページ | 北川景子 ペロッと指舐め »