« ねずみは米が好き | トップページ | 新刊のお知らせ »

あとがきに代えて

 サイトの旅行記が最終回を迎えて、実は最後のその次に「あとがき」を更新するつもりだったのですが、今日アップしようと思いあらかじめ書いてあったあとがきの文章を読み直してみたら、おもしろくもなんともなかったのでやめました。

 しかしその中には「ご愛読ありがとうございました」という言葉はあり、6年以上も更新を続けてこられたのは読んでくださった人たちがいるからだということ、それが無ければ絶対にモチベーションを保つことは出来なかっただろうということ、これはどこかでは言わなくてはいけない大事なことだなあと思い、一応この場でこの件に触れさせていただくことにしました。このブログをもって今までこんな僕の旅行記を読んでくださった方へのお礼とさせていただければと思います。

 みなさんご存知のとおり、いつの間にやらもう僕はそれなりの年齢になりました。サイトを更新している6年間、途中で旅に出て更新が止まったりもしましたが、日本にいて働いている時は休日は必ず旅行記を書いていました。最初はもちろん自分の意思で趣味でやっていたわけですが、途中からは趣味なのか義務なのかよくわからないなにかしらの使命感に取り付かれていて、もちろん給料は出ないけどやらなきゃいけない仕事のような気分で書いていました。旅行記を書くということもしなくていい、本当に何もやらなくていい1日リラックスできる休日というのは、6年間でいったい何日あったことか。2年くらい前の元日に「今日だけは何もしないで本当の休日にしよう」と思った記憶があるというそれくらいで、ほとんどここ何年か休日気分(1日好きなことが出来るという)というのは味わったことが無いような気がします。

 ただ、そもそも今はかろうじて文章を書くことが仕事になっているわけで、文章を書くことを仕事と考えるならばそれこそここ6年くらいは会社での仕事+旅行記で週休じゃなくて年休2日くらいしか無い働き者だったということになりますが、しかし逆に旅行記を書くというのは元をただせば休日に趣味でやっていたことなのだから、それを今は毎日やっている状態だと考えると今の僕の生活は会社に行かずに年休365日、毎日休んで趣味に励んでいるただの無職、ということになります。どっちなんだろう。

 ただ、これから文章を書くことで稼げなくなってしまった時に、またどこかの会社に通い出して休日はサイトを更新するかというともうそんな生活はしないと思います。休みも欲しいしまた何か別のこともやりたいし。というような気持ちで今はいますので、もし今後ブログ以外できちんとした章として成立している僕の新しい体験記や文章をみなさんが目にする機会があるとすれば、それは多分、本という形になるのではないかと思います。

 とはいえ、自費出版(=共同出版)でもなくちゃんと出版社から本を出すとなれば、商売として成り立たないようなものは全く相手にされません。だからもし今後も僕の新しい文章を読みたいと思っていただける方がいたら、できれば本を買ってくださるとありがたいです。正直な話、図書館やブックオフやamazonの中古でたくさん回転していても全く先に繋がらず、ただ「過去に出した本がお金を払って買ってもらえているか」という、それだけが唯一出版社に対する説得力であり未来の新しい本に繋がるものなんです。まさに唯一の指標です。あんまりこういうことを自分で書くのはイヤなんですけど、でも今はそれにかかっているものがとても大きいので、たまには書くしかないって感じで覚悟して書かせていただいております。ご容赦ください。もちろんお金を出してまで読む価値が無いと思う方はそれは人それぞれの自由なので、そういう方がほとんどならただ僕は文章の世界から求められずに消え行くのみです。まさしく自然淘汰です。それは「1300円出しても読みたい」と思ってもらえるものを書く力が無かったという僕の無力さのせいなので、消えるべくして消えるということでしょう。まあつまり、この先どうなるかは全然わからないということです。

 とりあえず「作者」という名前はこれで引退しようと思っています。とはいえ「さくら剛」として活動できるのはいったいいつまでなのか、それも謎です。できるだけ頑張れればいいんですけど。とりあえずはまたサイトをまとめた本が1冊は出るので、その先もう1冊、次は全くの新刊、というようにコツコツ続けていくことが出来ればそれが一番理想です。でも、1年後には消えていて「さくら剛」という名前は過去の遺物となっているかもしれません。

 まあ、あれこれ言っていてもしょうがないです。とにかく今まで貴重な時間を割いて僕の旅行記を読んでくださった方、応援してくださった方、本当にどうもありがとうございました。もしこれから先もお付き合いいただけるのであれば、どうぞよろしくお引き立てくださいますようお願いします!

« ねずみは米が好き | トップページ | 新刊のお知らせ »