« その後 | トップページ | 白いTシャツ »

今回もまた目をつぶって音声で買いています。本当はもう目をつぶらないで書こうと思えば*けど、この方が楽なので。目をつぶって書くのは、特に目の調子が悪くならない限りこれで最後にしようと思います。

4手術翌日の検査から数日後にまたはるばる検査にできました。他の人はみんな1日もとか1週間物ごく普通の定期検診なのに、これだけ例外的な検診で人とは違う色のしおりをカルテにはさんで。通りすがりの看護婦さんが見たら「あっ、この人オレンジ色のしおりだから定期的じゃない普通でない特別に危篤で例外的中ちょっとおかしい患者さんね?」とすぐ分かるような状態で。

そう。俺は奇特の変態。フツーではないというと、誰もが普通でないことを望み「俺は普通とはちょっと違うんだぜ」と若者は自分がフツーではないことをアピールしたがるけれど、フツーではないことは必ずしも良いことではなく、それが個性としてとらえられるような前向きなものであれば良いけど、いや、後ろ向きなものでも個性ともいえるのだけど、少なくとも視力回復手術の術後経過は「普通でいいんだよ。」と言いたい。そこで個性を発揮されても非常に困る。そのような個性は決して必要ないのです。我ながら自分の目にそんなところで個性を発揮するなと説教をしたい。個性というのは普通のことを順調にこなすことが出来て始めて主張していいものである。フツーに回復することも出来ないくせに、個性を主張するのはとんでもない話だ。何が個性だこのヤロウ。

ちなみにその検査結果は、1人に1時間おきに目薬がさしたり真面目に1日3回薬を飲んでいたので、薬なしかり聞いていますねと言われてきたより遅れながらも何とか順調に回復しているということだった。よかったよかったか。
今は徐々に目の痛みがひいてきている。4多分基本的には痛くない。よく見えているし。○オ赤目になったのも半分くらいは赤から白に、半分中で半分が白目、白目の部分は紅白でめでたい感じになっている。ウルトラマンのコスチュームのようだともいえる。
まだこの目に慣れていないためか、少し永くパソコンを見るとすぐに完成披露のようないためになってしまうと、目が乾いてくると染みるようないためになってしまうのだがこれはドライアイで嬉しくものはみんななるらしい。レーシック後はみんななるらしい。
多分もうちょっとゴロゴロすごしてみればフツーの状態に戻ると思う。パソコンも満足にできるようになると思うし、そしたら最近ようやくやることがなくなったので、ちょっと微妙に遅れているホームページの更新をコツコツやります。
細かい文字を見るとまだ目が痛いんでいただいたメールなどに変身出来ていませんが、もうちょっとしたらこのように音声認識のわけのわからない内容の変身が行くと思いますがお許しくだちゃい。目がよくなっても音声認識なのか。でも「目の調子が悪くて音声認識で書いているからちょっと変なところがるけど許してね」と書いておけば誤字脱字も許されるのだ。5秒ぐらいで間違いだらけの適当な日本語の返事を書いても、これは音声認識なんだ、じゃしょうがないなと思ってもらえるじゃないか。目上の人に「元気?オレも元気。最近どーよ?」というメールを出しても、「失礼な文章だけど音声認識ならしょうがないな。きっと丁寧な言葉を音声認識ソフトが勝手に変えてしまってるんだよ。かわいそうだから見舞金を1000万ほど包んでやるか」と思われてお咎めナシのはずである。むしろ+1000万円である。音声認識ソフト代を差し引いても998万5千円の儲けである。そしたらぶり高値でぶらさがり健康器やマッサージチェアを変える。姿勢を直すためドルフィンにも通えるというものだ。

それではまたごきげんよう。しばらく目をつぶって音楽を聴いて優雅に過ごします。

« その後 | トップページ | 白いTシャツ »