« タイトルは無いんじゃっ!!!! | トップページ | 腹寒い »

T-SQUARE

 いま~わたしの~ねが~いごとが~

 かな~う~な~らば~灯油が~ほし~い~

 灯油が1リットル100円を越えている。なんということだ。寒い……。

 同じ世代の人にしかわからないと思うが、昔「ボクたちのドラマシリーズ」というフジテレビのドラマがあった。観月ありさといしだ壱成の「放課後」(主題歌は観月ありさ)、一色紗英主演、共演が内田有紀デビュー作の「その時ハートは盗まれた」(主題歌は松任谷由実「冬の終わり」)、松雪泰子と萩原聖人の「白鳥麗子でございます」(主題歌ZARD「負けないで」)、高橋由美子と森脇健児の「お願いダーリン」(主題歌高橋由美子「も~お~はなさない、はなさないっあな~たを~♪」ってやつ)、そして第二シリーズでテツヤ役が松岡なんとかに変わった「白鳥麗子でございます」(主題歌ZARD「きっと忘れない」)、またも森脇健児と当時NHKのテレビ小説からのイメチェンを図った戸田菜穂の「お願いデーモン!」(主題歌モダンチョキチョキズ「自転車に乗って」)、細川ふみえとダンス甲子園(アジャコング&戸塚ヨットスクール)直後の山本太郎、武田真治の「幕末高校生」(主題歌は西司の「ぼくらのヒストリー」)、第一シリーズから抜擢された内田有紀主演、オレと同じ有玉小学校の2年先輩袴田吉彦が未来人役の「時をかける少女」(主題歌NOKKOの「人魚」)、以上。

 これだけ記憶からだけで書けるのすごくない? いかに高校時代にボクたちのドラマシリーズに熱中していたかってことがわかるだろう。ドラマの中の華やかな感じとは全く無縁の学生生活だったのに。

 その中で一番印象に残っているのが、観月ありさといしだ壱成が電柱が倒れてきて中身が入れ替わる、先頭きって放送された「放課後」だ。でその中で登場人物が組んでいたバンドが演奏していた曲があるのだが、それをずっとただの劇中歌だと思っていた。放課後のために作られた曲で、サントラ以外では聞けないと思っていたのだが、しかしその曲を時々有線なんかで耳にすることがあるのだ。これはもしかして、単なるサウンドトラックではなくてどこぞの有名な曲だったのだろうか? と思い最近調べてみたら、T-SQUAREという人たちの曲だということがわかった。

 そして、実に15年くらいぶりにちゃんと聞くことができた。この曲だ。多分、10人に8人は何のことやらわからないと思うが、きっと10人に2人くらいはこれを聞いて同じように涙ちょちょぎれるのではないだろうか?? いや、もうちょっと多いかもしれない。オレのサイトを読んでいる人がだいたい同世代なら、半分くらいの人は「放課後」を見たことがあるのではないだろうか。「ボクたちのドラマシリーズ」と言われてピンとくるのではないだろうか??

 まあ……

 ただ、それだけだ。

 でも、「昔見ていたテレビの中で流れていた曲」というのを時が過ぎてからちゃんと聞いてみると、とめどなく涙が流れるほど感動するものである。そこには自分の青春時代が詰まっているのだから……。今は何春なのだろうか。もはや黒春だ。ドス黒春だ。いや、思えばオレに青春などあったのだろうか。青春というのはなんだろう。学校の女子を好きになって体育館の裏とかで告白して付き合って甘酸っぱい思い出を作るのが青春だというのなら、まだオレに青春は来ていない。いつ来るんだろう。とりあえず学校に入らなきゃ……

 ところで、今回の旅行記の更新分ではインドの歯医者のことを書いたが、中で「はきゅーんはきゅーん」という効果音を使っている。これがどういう音かということをイマイチイメージできない人もいるだろうから、見本をつけておく。これがそのはきゅーんだ。ぜひみんなも一緒にやってほしい。

« タイトルは無いんじゃっ!!!! | トップページ | 腹寒い »