« 続き | トップページ | うーん »

ボブです

 先日の英語の話の続き……

 よく「こいつがどれくらい英語が喋れるかチェックするテスト」ということで、電話で10分くらいネイティブと会話して点数をつけられるものがある。職場でやらされた。

 でまたもそこでネイティブのRさん(仮名)に聞かれたのは、「あなたのホビーはなんですか」というものだ。なんだろう、アメリカではだいの大人が初対面の人間に趣味を聞くようなお見合いみたいなコミュニケーションがまだ主流なのだろうか。

 もちろんオレは「インターネット」と答えた。すると形式どおり「ファットカインドオブウェブサイトドゥーユーライク?」ときたので、正直をモットーにして生きているものとして、また同時にどうせ電話で喋るだけでこの人と会うわけでもないんだからということで、「アイライクうぇぶさいとザットアイキャンシーネイクドガールズ!!」と回答してみた。文法は違うかもしれんが、「裸の女が見られるサイトが好きだ!!」と答えたわけだ。

 もちろんウケた。やっぱりエロは全世界共通言語だ。

 本日美容院へ行った。一番最初に若いねーさんと「今日はどんな感じにしますか?」というような話をしている時に、「後ろがボブみたいになっていますねー」と言われた。

 もちろんオレは、「そうですねー」と答えた。ボブの意味など知るわけがないが。

 その直後、顔に目の幅ギリギリの布を被せられてシャンプーされながら、ボブについてよーく考えてみた。ボブみたいですねー。オレはボブみたいなのだ。それはどういうことかと考えたら、WBCで、誤審で大活躍したボブ・デービッドソン審判が頭に浮かんできた。つまり、彼女はオレを見て「ボブ・デービッドソン審判に似てますねえ」と言ったのである!!!!

 てなことを考えていたら自分の考えたことがあまりにもおかしくなり、仰向けになりながら笑いを堪えるのに必死でひたすらニヤけていた。

 ところで、これからしばらく地下活動にいそしむことになり、ほんの2ヶ月ほどブログの更新が止まるかもしれません。書くとしてもチョロチョロっとになりそうです。サイトの更新も若干毎回の更新期間が開くと思います。またしばらくしたら復帰しますので、どうかひとつ温かくオ見守りいただけたら光栄でございます。

 最近この動画見てるせいで、キューティーハニーまるまる1曲ハングル語で歌えそうになってきた。

« 続き | トップページ | うーん »